ふれる×あんどうりき

 こんにちは
ギタリスト作編曲家の安藤力です🎸🖥

あっと言う間に夏の気配です🌻"My wonderland"のリリースから約1カ月。ストリーミング再生はそろそろ2000回に届きそうです👏とは言っても1曲100回か…
いや!多いではないか!"satellite"のYouTube再生数がまだ120回というところを考えればかなりありがたいことでございます😊
地元の友人達もたくさんダウンロードしてくれたようで嬉しかったですね🌻

ちなみに先月今月の私はアレンジ業務ばっかりしております!
それは本格的な夏頃にはご報告できるのでないでしょうか?
あとはきっとラットの新体制にむけて私も尽力しております。
何が新体制なのかはケイくんからいづれ発信があると思います。
でもケイくんはほんと発信しない子なので待っていないほうがいいかもしれませんね(笑)
あまりに発信しないのでファンの皆さんもきっとラットってやってるの?って思う方もいらっしゃるでしょう…彼らなりに動いております。
というか7/1にライブでるんですよね。もっと告知せな…😌

さて先日6/2は久々約半年振り(言われるまで気がつきませんでした...)にふれるの2人とライブをしました。



ふれるはいつも×で名前を出してくれます。
中野清花×あんどうりきと同じ表記でふれる×あんどうりきとして出演してきました。

"home/リバー"から約半年。"ララルララ/素晴らしい私"もリリースし、精力的に活動しています🥢
2人とは音楽的な波長はもちろん、人間的な波長が合うので全然無理しなくていいですし時の流れがゆっくり感じるんですね。
緊張感や刺激がありつつも演奏しながら楽しくてやわらかくて優しくて落ち着くってなかなかないですね。

一緒に演奏する人たちによってそれぞれとのリズムがあってすごく面白いです。
あ、このリズムってのは気持ち的なリズムのことです!

私はサポートミュージシャンとしての演奏キャラクターが何タイプかありましてふれるとの演奏の時はアメリカカントリーっぽいギタリスト人格が顔を出します。

ちなみに先日のサトウトモミさんの時はオルタナポップなギタリスト
the pity poet の時はJ-popの職人風ギタリスト
きっとラットの時はディレクター(そもそもギタリスト人格ではない)
そんないくつかの人格が無意識に出てきます。

昔インストユニットやってきた時の侍のようなすぐにでも斬りかかれるようなあの人格はなりを潜めていまふ。
あれが若さというものだったのでしょうか?

ちなみに6/8は前述のthe pity poetのライブがあります。約1年振りです。
宮城くんもいけぴも忙しくそうで 2人ではたまにやっていたようですが我々ファミリーをしたがえてのライブは1年振り。
しかし何回かは食事会しましたけだね。ライブしなくていいから会いたいみたいな👌

ふれるもそうですがいい仲間に出会えてますなぁ。
もう20年近く音楽をやっていますと二度とやるかバカチンが!っていう経験も無きにしもあらずなのですが😤
きっとこれはあっちも同じでしょうし、理解してくれる仲間がそれぞれいるわけです。最近では慕ってくれる後輩たちも出てきてこのままじゃいかんな!という思いとこのまま変わらないでいよう!と思う気持ちを両立しております。

今日は7時少し前から渋谷におりましてモーニングをしながら久々のブログを書きました。写真や細かい添削があるので公開は夜になるかと思いますがたまには朝早くから外に出て文章を書き連ねるのもいいですねぇ。でも少し眠たくなってきました。気心知れたメンバーだから少し心配です。楽しんでスタジオはいってきます(きました)それではまた!

RIKI ANDO official web site

安藤力(あんどうりき)は声も背も高いギタリスト、腰は低く。ギター、作編曲、音楽講師、ぬい撮り Lo-Fi Hiphop/Chill beat シリーズ きっとラット共同アレンジャー

0コメント

  • 1000 / 1000