妹の結婚

こんにちは🌞


ギタリスト作編曲家の安藤力です🎸🖥


桜が咲き始めています。
東京はいつもこのくらいですね🌸
2005年に新潟から上京した時、
4月の2週目くらいだったので新潟では桜は咲いておらず、
東京では完全に桜が散っていました。
遠くまで来たんだなとその時思った記憶があります。
桜を見なかったのは後にも先にもあの年だけかもしれません🌸




さて先週の土曜日
私の妹の結婚式がありました👰



生まれた時からずっと一緒に大きくなって、

妹が高校生の頃に私は東京に出てきたので3年間の空白はあったのですが

その後妹が大学生の時は一緒に4年間二人で暮らしていました。


数え切れないほどって言うのはこのことを言うんだなというほどに

思い出はたくさんあります。

兄でさえこうなのだから、両親はどれだけだろうなと思うと今更ながら胸がキュッとなります🌇


安藤家は周りの家庭に比べてだいぶ仲の良い家族のようで

週末は家族で出かけたり、大人になってからも1年に一回旅行をしたりしました。

いつまでも家族4人で楽しく仲良く過ごしていくんだろうなって

いつかは離れる日が来るとは思いながらも生活していました。


妹から結婚する話を聞いて

本当にこんな日って来るんだなと思いました。

おととし旦那(以下おとうと)を連れてライブに遊びに来てくれました。

「挨拶がしたい」そう言っておとうとは会いに来てくれました。

とっても笑顔が柔らかくて言葉も口調も柔らかで

いい人を見つけたんだなと嬉しくなりました。

その日はthe pity poetのe.pリリース記念ライブだったのですが

メンバーみんないい人そうだねーとお祝いしてくれました。

ちなみにそのe.pからのリード曲がこちら🎥


その初対面から約1年半

結婚式が執り行われました。

事前に誰が来るのか知らなかったのでいとこやその子供達が来てくれたのは

とっても嬉しかったです👏

最後にあった時はまだ幼稚園にも入っていなかった子が高校卒業だったり、

その下の子が生まれた話は聞いていたけれど中学生になっていたり。

もう一人のいとこのところも中学生と小学生になっていたり。

時の流れを感じました⭐️

たくさん遊んでくれたいとこも私が32歳だということに驚いていました。

いつまでたっても小さい子のイメージなんですよね。わかるなぁ。

あの柔らかい感じは親族っぽい。素敵なことだなぁ🍩


たくさんの人に祝福されて緊張しきっていたようですが

二人はとても嬉しそうでした。

両親も緊張しながらも楽しんでいたようです☺️


結婚式といえば昨年末から私の提供曲が結婚式のクライマックス

"新婦から両親への感謝の手紙"

で流れるムービーでご使用頂いております。

Favio wedding movieさまの" Letter song movie"というプランです。

上は実際プランをご利用くださった方の結婚式を撮影させていただいたようで、

自分の曲がこうして誰かの幸せの元に羽ばたくという貴重なお仕事をさせていただいております。いやぁ、素敵な仕事ですね。心からぐっと来ました。

ちなみお客様ごとに歌詞の異なるボーカル収録は私が責任を持って行っております🎤

受け取った歌詞をメロディにはめて、時には少しメロディを変えてボーカリストと丁寧に録音しています。曲は同じなのですが毎回歌詞がオーダーメイドにできるのでその歌詞にあった歌い方、メロディになっています!

もし"Favio wedding movie"や"Letter song movie"の検索から当ブログに行き着いた方、

上記の映像の他にもHP上にサンプルがあるのでぜひご覧ください!


ちなみにこの曲ともう一曲提供している楽曲は

今回の妹の結婚を知って、それを重ねて一から丁寧に作り上げた楽曲です✏️

Letter songは数あれど、

自分の身近な人が直近で結婚することを重ねて書いた曲はなかなかないのではないでしょうか?たくさんの方の幸せのお手伝いができたらと思います。


と途中で仕事関係のCM挟んでしまいましたが

最近私がまさに関わっている環境に直面したのでした。

ちなみに二人のプロフィールムービーで使用されたのは

エレファントカシマシの"笑顔の未来へ"でした🎤

二人ともエレカシが好きらしく、この曲は私がエレカシの中で一番好きな曲だったので

ムービーも素晴らしかったし涙をこらえるのに必死でしたねぇ🤧



今回私のその例の曲を使ってもらっても良かったのですが

流石に新婦の兄がでしゃばるところではないなと思い今回はあくまで兄として参列いたしました!!!!

新婦からの手紙では我が両親より、新郎のお母さんがものすごく泣いていたのが印象的でした😂



妹はもう名字が変わって安藤ではなくなったけれどなくなったけれど

きっといつまでもいつまでも安藤家の大切な妹なんだと思います。


素敵な1日をありがとう。

ずっとずっと幸せでいてください。


兄は本当に嬉しかった!!!!


妹とおとうとよ!!

これからもずっとよろしくね🤝





RIKI ANDO official web site

安藤力(あんどうりき)は声も背も高いギタリスト、腰は低く。ギター、作編曲、音楽講師、ぬい撮り Lo-Fi Hiphop/Chill beat シリーズ きっとラット共同アレンジャー

0コメント

  • 1000 / 1000